「片面ビンディング+ふつうっぽいシューズ」で行こう

ESCAPEシリーズのクロスバイクに乗っている人の中には、乗り慣れてきてビンディングペダル&シューズを使用している人も多いのではないでしょうか。一方で「興味はあるけどまだ手が出せない」という人も少なくないでしょう。

ビンディングペダルとは、シューズとペダルを固定するペダルのこと。スキーではスキー板とシューズを固定しますよね。あれと似ています。自転車の場合、(ビンディングペダルに対応した)シューズの底にクリートと呼ばれる部品を取り付けて、クリートをペダルにはめ込むことで固定します。外す時は、足をちょっとひねればOK。

シューズとペダルが固定(というか、連結といった感じでしょうか)されることで、ペダリングの効率が良くなります。

“「片面ビンディング+ふつうっぽいシューズ」で行こう” の続きを読む

そろそろ指つきグローブが必要な季節

ESCAPEシリーズのようなクロスバイクの場合、ふだんとくにグローブを着用しないというユーザーが多いかもしれません。万が一のケガを防ぐためには通年グローブを着用したほうが良いのですが、素手派の人でも冬になればさすがに、グローブなり手袋なりすると思います。

秋〜冬〜春にかけて、2種類の指つきグローブがあると便利です。

ひとつは、とくに冬物というわけではない、指つきグローブ。MTBで山に入る人やレースで出る人などは、季節を問わず指つきグローブを着用していることが多いです。

exg3_blackblack-thumb-450x380-9782

例えば、KABUTOの「EXG-3」。

EXG-3 | EXGシリーズ | OGK KABUTO

“そろそろ指つきグローブが必要な季節” の続きを読む

真夏のサイクリングに欠かせないグッズ

月曜日の昼間、仕事の打ち合わせがあって出かける必要があり、場所がたまたま7〜8km先だったので「自転車で行っちゃおうかな?」と思っていちおう準備してみたのですが、ベランダに出てみて、あまりの暑さに断念してしまいました。

気温が35度を超えるような日は、運動は原則としてやめましょう。

しかし、良く晴れた夏の日にサイクリングしたい!という気持ちもあります。

真夏のサイクリングに欠かせないもの、それは、このサイトでも過去に紹介していますが、保冷ボトル。

150728_bottle

いろんなメーカーから出ています。GIANT純正アクセサリーにもありますよ。

2015 Giant Bicycle [ POUR FAST AUTOSPRING EVERCOOL ].

こういう保冷ボトルに、半分くらい凍らせたドリンクを入れていきます。

“真夏のサイクリングに欠かせないグッズ” の続きを読む

クロスバイク乗りの(というか私の)バッグ問題

自転車に乗るときのためのバッグを新調したいと、ここ何ヶ月かずっと考えていますが、なかなかコレといったものが見つかりません。

街乗りのお供として使うバッグに求められるものは何でしょう。まぁ人それぞれだとは思いますが、私は「ヘルメットをなんとかしたい」と思っているのです。

自転車で街まで行って駐輪場に駐輪したら、あとはそこを拠点に歩いて移動したいときがあります。狭いエリアで、役所に行って銀行に行って、ついでに買い物をしたいときとか。

自転車は駐輪場に置けば良いですが、ヘルメットは? 自転車にはスクーターのメットインスペースもなければ、ギア付きのオートバイのようにヘルメットホルダーがあるわけでもありません(ヘルメットのストラップからして、ヘルメットホルダーなど想定されていません)。ブラブラ持ち歩く?そうはいかないですよね。

ヘルメットホルダーがついているバックパックもあります。

360x500_5180_CrossBike18_7400_14

例えば、この「ドイター クロスバイク 18」。

“クロスバイク乗りの(というか私の)バッグ問題” の続きを読む

街乗りから始めよう!ライディングを“ちょっとだけ”スケールアップする12ヶ月(7) 寒くったって走る

首都圏もすっかり秋が深まり、朝晩はかなり寒く感じるようになりました。

個人的には、寒い季節そんなに嫌いじゃありません(東京・神奈川レベルだからそんなこと言っていられるのですが)。季節の変わり目の「昼間18度、夜9度」みたいなのがとても苦手で、ある程度寒いなら寒い、暑いなら暑いほうが、着るものにも困らないのです。とくに、自転車に乗るときはどうしたって汗をかきますから。

141118_escape

さて。冬。

“街乗りから始めよう!ライディングを“ちょっとだけ”スケールアップする12ヶ月(7) 寒くったって走る” の続きを読む

夏と言えば保冷ボトルなわけで

今、ちょっと自転車で外に出たんですが、暑い! 家を出る前から暑いのはわかっていたので、たいした距離ではないのだけれど、保冷ボトルに冷たい飲み物を入れて携行してしまいました。

そんなわけで、暑い季節に「冷やし中華はじめました」的な話題と言えば、保冷ボトル!

140708_001

メジャーなのはやっぱりポラーボトルでしょうかね。いろいろな種類があります。

INTERMAX|2014|POLAR BOTTLE.

“夏と言えば保冷ボトルなわけで” の続きを読む

アイウェアとグローブを着用する意味

週末のサイクリングロードを自転車で流していると、たくさんの自転車とすれ違います。私がいつも注目しているのは、そんなすれ違うサイクリストたちの装備。スポーツサイクルの場合、ヘルメットはかぶっているか、アイウェア(サングラス)はつけているか、グローブを手にはめているか……です。少なくとも、スポーツライドを楽しむなら、この3つはぜひ身につけてほしいと願っています。

ヘルメットは、頭部を保護するもの。これはわかりますよね。では、アイウェアとグローブは?

140522_EYEWEAR

2014 Giant Bicycle [ SWIFT 3 ].

自転車に乗る上でのアイウェアは、日射し対策というよりも、飛んでくる小石や障害物から目を保護する意味のほうが大きいと言えます。前を走る他の自転車やオートバイ、クルマがときとして路上の小石等を跳ね上げます。また、夜道ですと木の枝が垂れ下がっているのに気づくのが遅れたりして、顔に枝や葉っぱがベシッ!っとなることもあります。そんなとき、アイウェアを付けていれば目を保護できるというわけです。

自転車通勤をしている方ですと、夜に自転車で走る機会が多いと思います。そういう場合は、上の写真のようなクリアレンズでも良いでしょう。

“アイウェアとグローブを着用する意味” の続きを読む

USB充電式ライトをデュアルで!のススメ

自転車用のヘッドライト/テールライトにはさまざまなモノがあるますが、ESCAPE RシリーズやESCAPE RXシリーズのようなクロスバイクに乗っている方の多くは、LEDを採用した製品を利用しているかと思います。

小型のLEDライトにはボタン電池を用いるものが多くあります。ボタン電池はコンビニエンスストアでも比較的容易に入手できるので便利ではあるのですが、毎日自転車に乗る人の場合、年間に消費するボタン電池の数は案外バカになりません。

そこでオススメなのが、近年増えているUSB充電式のライトです。

最近良く見かけるのはコレ。

130610_usb_001

サイクルスポーツ : [BB BORO:GEM 2.0 ヘッドライト] – Web site.

“USB充電式ライトをデュアルで!のススメ” の続きを読む

スポーツ走行に、自転車通勤に。あれば安心!自転車用ヘルメット

ESCAPEシリーズのようなスポーツサイクルに乗っている人でも、ちょい乗り程度であればヘルメットを被らない人が多いかと思います。「ヘルメットなんて持ってない」という人も多いでしょう。しかし、ヘルメットがあることの安心感は大きいものがあります。

私の場合、本当に「チョイ乗り」のときはヘルメットを被りませんが、自転車でどこかに出かけるとならば、それがせいぜい20分くらいの乗車であってもヘルメットを使っています。逆に、被らないと頭がスースーしてちょっと怖く感じるくらい(笑)

クロスバイクでちょっと遠くに行ってみたい、自転車通勤したい、スポーツ走行したい!……そんなふうに思ったら、ヘルメットの購入も検討していただけると幸いです。

GIANTも、ヘルメットを出しています。

130602_001

GIANTの「REALM」は、S、M、Lの3サイズがあって、価格は税込7,350円です。

製品情報はコチラ

“スポーツ走行に、自転車通勤に。あれば安心!自転車用ヘルメット” の続きを読む

自転車に乗るとき持っておきたいグッズ(4)サドルバッグ

今まで「自転車に乗るとき持っておきたいグッズ」として、携帯ツール、タイヤレバー、予備チューブ、携帯ポンプを紹介してきました。そういったグッズ類をどこに収納するか? 定番は、自転車のサドルに取り付ける「サドルバッグ」です。

130527_bag

内側全面のPEパネルで荷室保護を強化した新型サドルバッグ

引用元: 2013 Giant Bicycle [ SHADOW ].

“自転車に乗るとき持っておきたいグッズ(4)サドルバッグ” の続きを読む