2016年モデル紹介:フィットネスとして自転車を楽しみたい女性のための「Liv THRIVE」

GIANTが女性向けに立ち上げたブランド「Liv」のクロスバイク。Livブランドの中にも、クロスバイクが「FREEDA(フリーダ)」「ESCAPE R3 W」そしてこの「THRIVE(スライブ)」と複数の種類がありますが、どんな違いがあるのでしょう。

THRIVE 2
THRIVE 2

ここで細かいスペックの違いや、フレームがどうのこうのと書いてもあまり意味がないかもしれません。わかりやすく言えば、FREEDAやESCAPE R3 Wは、スポーティーなクロスバイクといってもまだちょっと日常生活寄りのところがあるのに対して、THRIVEはずっとスポーツ寄りの性格です。

THRIVE 3
THRIVE 3

FREEDはお散歩、ESCAPE R3 Wはウォーキング、THRIVEは専用ウェアを着て楽しむランニング……といったところでしょうか。

「THRIVE 2」(税別79,000円)と「THRIVE 3」(税別62,000円)の2種類があって、もちろん「2」のほうが良いパーツが使われています。

タイヤはどちらも700×28Cというサイズのものを履いています。また「D-FUSEシートピラー」という、しなりによって快適性を実現したシートピラー(シートポスト)や、ハンドルを握り変えることで疲労軽減につながる「バーエンド」が付いているのも特徴で、長い距離のサイクリングもOKです。

リンク: Liv Cycling