ESCAPE AIR、台北を走る。(その2)

2017年3月某日、台北2日目。今日は台北市内から淡水というところまでのサイクリングです。

相棒はもちろんESCAPE AIR。ついに台湾の地を走ります。

活気があるけれど、裏を返せばゴミゴミしていて空気の悪い台北市内。しかし、基隆河という川に出たとたんに一変します。

走りやすいんですよ、サイクリングロードがしっかり整備されているから。

こんなだたっぴろいところも。

マングローブ林などを見つつ、基隆河を下流に進みます。

さまざまな神様が祀られている、関渡宮(關渡宮)。

土産物店、屋台ふうのお店、公園、トイレなど、ひととおり揃っています。

アツアツのアメリカンドッグ。

関渡から先、川は淡水河に合流。相変わらず走りやすい道が続きます。少しだけ未整備区間があって、フワッと消えるけど、まぁ、大丈夫。

地下鉄(というか地下鉄から伸びてる郊外鉄道)も通っているようなところなのですが、川沿いの風景、街中の風景、そしてのどかな風景が混在。

そうこうしているうちに淡水の街。川沿いに公園が整備されています。

さらに少し進むと、旧市街の「淡水老街」。にぎやかです。

しかし私はあえてスタバに入ってみました。アイスラテ、やたらと早く出てきた……。

川沿いの風にふかれて、しばし休憩です。

(つづく)

関連記事: 台北 – CyclingEX

関連記事: 台北とその近郊のサイクリング環境を体験する – otona-lab.com