街乗りから始めよう!ライディングを“ちょっとだけ”スケールアップする12ヶ月(5) 50kmの壁を容易に越えるには

5回目が5月に間に合わなかった当連載。今回のテーマは、クロスバイクビギナーが、どうやったら容易に50kmの壁を越えることができるのか。もちろん、時速ではなく距離のほうです。1日に50kmというのは、慣れてしまえばどうということのない距離ですが、スポーツサイクルをはじめて間もない人にとっては、思いっきり長距離だと思います。私自身、片道10kmでも「ずいぶん遠くまで来たな」なんて感じていました。

もっと遠くまで、長い距離を走ってみたい。いきなり80kmとか100kmとかは無理だけど……であれば、まずは50kmを目標にしてみましょう。片道25km、行って帰ってでも良いですし、ぐるっと周遊するようなコースでも良いでしょう。

時速20km台前半で巡行して、上り坂があったり信号で止まったりしていると、平均時速は18kmくらいになるかもしれません。50kmといったら、3時間走りっぱなし!?

いえいえ、ノンストップで走り続ける必要はありません。

IMG_6040

30分くらい走って、いきなり休む!(笑)

ふたたび走り出して……

IMG_6119

1時間くらいして、また休む! コーヒーショップなんかみつけたら、中に入ってゆっくり休み、サンドイッチでも頬張るくらいで良いでしょう。

そしてまた小一時間くらい走って……うーん、でも初夏の日射しがきつくて結構暑いなぁ……あ、ガソリンスタンドにコーヒーショップが併設されてるぞ!

IMG_6106

もちろん、休む(笑)

アイスコーヒーをちゅーちゅーと飲んだら、家に帰りましょう。

平坦路でアベレージスピード時速17km、走行45分ずつ4セット、15分休憩1回と30分休憩を2回取ったって、4時間半あれば50kmオーバーです。ゆるいでしょ?かんたんでしょ? 今回は近場で撮影したのでタリーズとドトールというよくわからない組み合わせになっていますが、コースの途中にお気に入りのカフェなんかあれば、より楽しめますよね。

これなら週末の朝8時に出て、昼の13時に帰ってくることができます。シャワーを浴びてお昼ご飯を食べて、残りの時間を家族や友達と過ごすこともできるでしょう。

とくにこれからの季節は暑いですから、無理に走り続けるメリットはほとんどありません。サイクリングを楽しみつつ距離を伸ばしたいなら、むしろ積極的に休みましょう!

ちなみに、ある程度距離も乗るし、途中でお店に入って休憩もしたいというサイクリングには、パッド付きのサイクリングパンツがあると良いでしょう。

140603_50km_001

モンベル | オンラインショップ | サイクル ツーリングニッカ Men's.

また、前回の「テーマを持って街を周遊する」も、走って止まって走って……を繰り返しているうちに、気がつけばそれなりの距離を走っているというパターンですので、あわせてご覧頂ければと思います。

街乗りから始めよう!ライディングを“ちょっとだけ”スケールアップする12ヶ月 (4) テーマを持って街を周遊する

(Gen SUGAI)