【ふたつのESCAPE】CyclingEXにてESCAPE AIRとRX3を比較試乗する連載が始まります

ESCAPE USERESの親サイト「CyclingEX」において、2013年モデルのGIANT ESCAPE AIRとESCAPE RX3の比較試乗を行う記事を掲載することになりました。実車をしばらくお借りできることになったので、連載としていく予定です。

【ふたつのESCAPE】AIRとRX3ってどう違うんだろう?というのをしばらく探ってみます

現状は自走で引き取ってきた+αを走ったのみですが(距離にして30km)、AIRとRX3はどれだけ違うのか、そもそも実感できるほど違うのか、これからしばらくのあいだ試してみたいと思います。

ESCAPE AIR(サイズ:500mm)と、



“【ふたつのESCAPE】CyclingEXにてESCAPE AIRとRX3を比較試乗する連載が始まります” の続きを読む

2013年モデル紹介:ESCAPE AIR(価格:54,600円 )


マットホワイト

ESCAPE Rシリーズの良さはそのままに、さらなる走りの軽さを追求、各部をブラッシュアップした結果、いちばん大きなサイズでも完成車重量が10kgを切る「ESCAPE AIR」が誕生。軽くてスピードが乗りやすいだけでなく、しっとりとした乗り味も魅力。

価格:54,600円
フレーム:アルミ
フォーク:クロモリ
コンポーネント:SRAM X3 他
変速:3×8
タイヤ:700×28C
サイズ: 370(XXS)、 430(XS)、 465(S)、 500(M)mm

“2013年モデル紹介:ESCAPE AIR(価格:54,600円 )” の続きを読む

2013年モデル紹介:ESCAPE RX3(価格:57,750円)



ESCAPE Rシリーズよりもシャープな味付けになっているのが、ESCAPE RXシリーズ。2013年モデルのRX3はブレーキセットもシマノになった。XXSからLまでとサイズが豊富に用意される。

価格(税込):57,750円
フレーム:アルミ
フォーク:アルミ
コンポーネント:シマノ・アセラ
変速:3×8
タイヤ:700×28C
フレームサイズ:370(XXS)、 430(XS)、 465(S)、 500(M)、 555(L)mm
“2013年モデル紹介:ESCAPE RX3(価格:57,750円)” の続きを読む

2013年モデル紹介:ESCAPE R3(価格:44,100円)


グリーン

細めのタイヤをはいたスピード系クロスバイクの超定番モデル。安価でありながら、軽くて取り回しやすく、初めての人がスポーツサイクルに抱く期待感を見事に具体化している。

価格(税込):44,100円
フレーム:アルミ
フォーク:クロモリ
コンポーネント:SRAM X3 他
変速:3×8
タイヤ:700×28C
フレームサイズ:370(XXS)、 430(XS)、 465(S)、 500(M)mm

“2013年モデル紹介:ESCAPE R3(価格:44,100円)” の続きを読む

ESCAPE RやAIRのプチカスタムアイディア

ESCAPE Rシリーズは2005年モデルからずっと展開されているので、ユーザーさんからすると、街中で自分と同じ自転車を見かけることが多いはずです。「あ、同じ自転車」ということで親近感を覚える一方で「他の人の自転車とちょっと差別化したい……」なんて思うことも、あるのではないでしょうか。

比較的安価に、見た目で差別化できたら楽しいですよね。そんなとき参考になるのが、GIANTが過去に発売した限定モデルや「春モデル」と称して後から追加されたカラーのモデルです。

CyclingEXのほうでは、以前こんな記事を書きました。

CyclingEX:GIANTの「春モデル」に見るESCAPE R3/R2のカスタムアイディア

というわけで、色遊びの話。検討(妄想)するにあたり、私が常に念頭においているのが、GIANTが近年必ず追加する春のニューカラーや限定カラーです。2010年モデルで言えば、ESCAPE R3.1というモデルがありますから、参考になります。グリップやサドルに白を使うとアクセントになって良さそうです。

あらためて紹介すると、2007年モデルのESCAPE R3は、春の新色でサドルとグリップにブラウンのものを採用していました。



“ESCAPE RやAIRのプチカスタムアイディア” の続きを読む

どうする?ESCAPE R3標準「マキシス デトネイター」の空気圧

現行のESCAPE R3や、過去のESCAPE Rシリーズの多くのモデルに標準で採用されているタイヤが「マキシス デトネイター 700×28C」です。

このタイヤ、指定空気圧が書かれていません。「MAX 120PSI」と書かれているだけです。その表示を見てきっちり120PSI入れている方も多いようです。

“どうする?ESCAPE R3標準「マキシス デトネイター」の空気圧” の続きを読む

まだまだある、ESCAPEの仲間!

ひとつ前のエントリーでも最後に少し書きましたが、ESCAPEの名を冠するモデルはまだまだあります。

2006年モデルではすでに、小径のESCAPE MINIが追加されていました。一時期はスポーツ性を重視したモデルもありましたが、2013年モデルでは、バスケット付きの「ESCAPE MINI」1モデルとなっています(下写真)。

“まだまだある、ESCAPEの仲間!” の続きを読む

驚きの軽さを実現したESCAPE AIRの登場

2012年のシーズン途中で追加されたのが、10kgを切る重量で話題となった「ESCAPE AIR」です。ESCAPE Rシリーズの乗りやすさはそのままに、より軽い走行性能を目指して開発されたニューモデルでした。

“驚きの軽さを実現したESCAPE AIRの登場” の続きを読む