【ふたつのESCAPE】自転車でおいしいものを食べに行こう!

CyclingEXの連載「ふたつのESCAPE」に、新しい記事をアップしました。今回の内容は、こんな感じ。

130224_001


突然、おいしい餃子が食べたくなった私。電車で行くとカロリー摂取が多くなってしまうので、罪滅ぼし的に自転車で(ちょっと遠回りして)行こう!という話です(笑)

【ふたつのESCAPE】ESCAPE AIRでRide! Eat! Ride!- 自転車でおいしいものを食べに行こう! | CyclingEX

往復で、餃子1食分くらいはなんとかカロリーを消費できたのではないかと思います(餃子の本当のカロリーがいまいちわからない)。

さて、消費カロリーをどうやって知るかですが、サイクルコンピューターの中には、年齢と体重、性別といったデータを設定することで、簡易的に消費カロリーを計算する機能を持ったものがあります。例えばGAINT純正にもあります。

130224_002

GIANT CONTINUUM 7

↑写真が原寸大以上ですが……。

サイクルコンピューター以外でも、スマートフォンの自転車向けアプリでカロリー表示機能を持つものもあります。iPhoneなら、BikeMateLiteとか。

BikeMateLite

Webサイトなら、マピオンの「キョリ測」など。

130224_003

距離測定:キョリ測(ベータ) -地図をクリックして距離を測定 消費カロリー計算も

キョリ測では、走ったルートをクリックで入力すると、距離だけでなく消費カロリーも計算してくれます。

ただ、こうやって消費カロリーを見て、それが食べ物でどれくらいに相当するのかを知ると「思ったほど消費してないんだな……」と知ってしまうことにもなるわけですが(笑)

それでも、例えば10km離れたところにあるお店に行くのに遠回りして20kmの道のりを走れば、往復で40km、平坦基調の市街地で往復2時間半くらい。お腹を空かせるにもちょうど良いのではないでしょうか。ファミリーでも楽しめる距離ではないかと思います。