USB充電式ライトをデュアルで!のススメ

自転車用のヘッドライト/テールライトにはさまざまなモノがあるますが、ESCAPE RシリーズやESCAPE RXシリーズのようなクロスバイクに乗っている方の多くは、LEDを採用した製品を利用しているかと思います。

小型のLEDライトにはボタン電池を用いるものが多くあります。ボタン電池はコンビニエンスストアでも比較的容易に入手できるので便利ではあるのですが、毎日自転車に乗る人の場合、年間に消費するボタン電池の数は案外バカになりません。

そこでオススメなのが、近年増えているUSB充電式のライトです。

最近良く見かけるのはコレ。

130610_usb_001

サイクルスポーツ : [BB BORO:GEM 2.0 ヘッドライト] – Web site.

各社から同じモノが発売されていますが(笑)、代表してBB BOROに出てもらいました。

この製品は小型軽量、極めて簡単に取り付けできて、しかも明るいので、個人的にも気に入って使っています。そしてUSB充電式なので、ボタン電池のゴミが出ないという点も、大変気に入っています。

個人的には、これを2個、ハンドルに取り付けています。ひとつは点滅、ひとつは常点灯で使うのです。よくLEDライトを点滅モードで使用している人がいます。点滅させると目立つので視認性には優れるのですが、点滅だけでは「前照灯」の要件を満たさないのも事実。そこで、2つ使うというわけです。

USB充電式の場合、出先で電池が切れると(モバイル用バッテリーとUSBケーブルでも持っていない限り)どうしようもないという欠点があります。しかし2つ装備して、1個ずつタイミングをずらして充電するようにしておけば、ある程度はリスクの分散にもなります。

尾灯の場合は、装着するテールライトはひとつで、後は反射板を取り付けておけば良いでしょう。私はヘルメットに取り付けられるテールライトと併用して、リアも2灯にしていますが。