ESCAPE AIRに乗るときは難しいことは考えないほうが良いらしい

131210_air

いきなり季節外れな写真ですみません。

長期インプレとしてESCAPE AIR(2013年モデル)がやってきて、気がつけば1年以上経っていたので、CyclingEXのほうにこんな記事を書いてみました。

結局のところいちばん乗っている「GIANT ESCAPE AIR」

最近、いろいろな人とESCAPE AIRについて話すのですが、もっと良いパーツを付けてスポーツ性を高めた方が……なんて考えるより、今のESCAPE AIRの、確かに安っぽくもあるけれど適度に割り切った、あのパーツスペックだからこそ、軽さを街中で気軽に楽しめるんじゃないかと思っています。

難しいこと考えないで、軽さを享受するのがイチバンではないか、と。

いや、実のところ奥が深い自転車なんです、ESCAPE AIR。考えようと思えばいくらでも考えられるし、この自転車の話で小一時間は語れる。でも、いくらいろいろ考えてみたところで、圧倒的な軽さの前には敵わない(笑) 街乗りしててスーッと加速したり坂道をサラッとやり過ごしちゃうその魅力に、他のことがどうでも(といったら言い過ぎだけど)よくなる……そんな気がしています。