自転車で「地元」を拡げ、そして愛する。

やや企画倒れになりつつある「ライディングを“ちょっとだけ”スケールアップする12ヶ月」シリーズの最初の方で、クロスバイクに乗って2駅先まで行ってみたり、隣の町に行ったり……といったことを書きました。

ライディングを“ちょっとだけ”スケールアップする12ヶ月

歩くより速くてクルマより小回りの効く自転車は、人の行動半径を程よく広げてくれます。歩くと30分以上かかるようなところも、自転車なら気軽に行けるようになりますし、そこが駅前でもなければ、クルマと違い自転車をちょっと置くくらいは困らないでしょう。

つまり自転車があるとカラダひとつでサッと行ける範囲が広がります。

とくに私は都県境の郊外に住んでいるので、駅から遠くて公共交通機関で行くには少々おっくうな場所でも、気兼ねなく出かけられる自転車が好きです。

そして、そんな「少々おっくうな場所」で、地域に根ざして商売をされている方がいます。

IMG_6716

ふだんの生活の中では、飲食などはとくに惰性でチェーン店を使いがちですし、チェーン店の良さもあります。しかし、地域に根ざして頑張っているお店も、応援したい。

商店街のいちばん奥。

住宅街の一角。

橋を渡った川向こう。

IMG_6717

自転車に乗っている時、思いがけないところに、思いがけないお店を見つけたら、勇気を持って入ってみましょう。良いお店だと思ったら、ときどき利用しましょう。